家計簿の変わり

地域によって税金もクレジットカードが使用できるのは事実?

生活の中で必ず支払わなければならない公共料金や税金は、払込票を持ってそのつど支払いに行くのはとても面倒。
そこで、クレジットカードを使って引き落としをすることで支払いの手間を大幅に省くことができます。
毎月、あるいは毎年支払う公共料金や税金には、以下のようなものがあります。

・光熱費(電気、ガス、水道)
・税金(国民健康保険、自動車税、固定資産税、住民税、国民年金)
・通信費(電話、携帯、プロバイダー、TV、新聞、WOWOWなど)
・その他(教育費、保険、各種サービス利用料など)
特に買い物をしていなくても、これらの費用は毎日の生活に必ずといっていいほど掛かってしまいます。

ひとつひとつを支払っていてはあまり効率的ではありませんから、上記の支出はすべて一つのクレジットカードでまとめて引き落としにしてしまった方が間違いなく楽でしょう。
また、カードによってはこれらの公共料金をカード払いにすることで、ポイントを貯められるものもあります。
クレジットカードを既にお持ちの方は、カードが公共料金支払いに対応しているかどうか確認してみると良いでしょう。

もしもポイントがつくタイプのカードであれば、ふつうに支払うよりもポイントがついた方がずっとお得ですから、クレジットカード払いに切り替えると良いでしょう。
ひとつだけ注意点として挙げられるのは、必ずしもすべての税金がクレジットカード払いにできるわけではないということです。
国民年金は問題なくカード払いにできるのですが、自動車税、住民税などはカード払いに対応していない自治体もあります。

同じ県に住んでいても、自治体によっては対応可能なところと不可能なところがありますから、まずはお住まいの自治体が税金の支払いにクレジットカードを適用しているかどうか確認してみましょう。
クレジットカードの利点は、色々な支払いがスマートに済ませられるというところです。
面倒な支払いは出来る限りカードにまとめて、毎日の生活を効率化してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ