家計簿の変わり

クレジットカードの審査ってどのような方法で実施されますか?

以前はお金持ちのステータスシンボルであったクレジットカードも、年会費が無料のものやポイント還元率が非常に高いカードが次々と登場しています。
メリットの高いカードを1枚くらいは持ちたいと思う方も少なくないと思いますが、クレジットカードは「審査」に通らなければ所有することができません。
実際、審査に落ちて悔しい思いをした方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、審査時にチェックされる3つのポイントを紹介したいと思います。

・固定収入の有無
まずは申込者に「安定的な収入」があるかどうかを見ます。
申込者がフリーターだったり、不定期にアルバイトを行っているような場合、いくら高い収入を得ていてもそれが「不定期」であり、安定的に見込むことができないということで、審査に通過できない可能性があります。
特に銀行系のクレジットカードは審査基準が厳しく、収入以外に「必ず正社員であり、派遣、契約社員はNG」と定められている場合もあるようです。

・申込者の返済能力について
申込者の現在の収入額を算出し、過去にクレジットカードの使用についてきちんと返済や支払いができているか、延滞歴があるかどうかを調べます。
今までの履歴はすべてクレジットカード会社に調べられますので、こちらで隠し通すことはできません。
もしも過去に事情があって延滞を繰り返してしまった場合は、今現在は支払い能力に問題がないとしても、残念ながら審査に通りにくいと考えられます。

・申込者の現住所について
クレジットカードを申し込む場合は、やはり申込者が「住所不定無職」であってはなりませんから、現住所を確認します。
住所が固定的であれば信用の一つに数えられ、カード会社にとっては万が一支払いが滞った時でも安心ということになります。
自宅や実家住まいなどはまず問題はありませんが、ホテル住まいであったり、最近流行しているシェアハウスなどはクレジットカードの審査に落ちやすいと言われています。
そのため、固定的な住所がある場合は必ずそちらを記入するようにしましょう。

このページの先頭へ