家計簿の変わり

クレジットカードの年会費が必要なのはどうして?

クレジットカードを申込みする際に必ず目にする「年会費」とは、カードを利用するために必要な会費のことです。
料金は1年ごとに支払わなければならず、支払いが済めば1年のあいだはいろいろなクレジットカードのサービスが受けられます。
最近人気の「永年無料」タイプは会費が一切かからない無料のカードですが、逆にゴールドやプラチナ、さらに上のブラックカードなどは年会費が数万円以上と非常に高額になります。

年会費が発生する理由としては、高いサービスの対価である場合がほとんどです。
ホテルのコンシェルジュサービスや空港ラウンジの利用、宿泊地への送迎など、むしろ年会費が安く感じられるようなサービスをしいている場合が多いので、すでに高い年会費を払っている方はぜひ契約しているカードのサービスを受けることをおすすめします。
もちろん、限度額の設定や旅行保険、盗難・紛失時の補償なども年会費やカードのランクに応じてパワーアップしていきますので、基本的には会費をはらった分だけ満足度の高いサービスが受けられるのです。

ちなみに、ゴールドカードをお持ちの方に多い悩みとして、年会費とステータスの問題があります。
"ゴールド"というと響きが良く、なんとなくワンランク上の雰囲気も感じられるため、一度所持するとなかなか手放せないのですが、カードをあまり使わないのに会費だけ継続して取られているという方も少なくありません。
年会費はカードを一切使わなくても必ず引き落とされるものです。

あらゆる支払いをすべてクレジットカード払いにしている方や、マイレージをクレジットカードで貯めているビジネスマンなどはそれだけカードを使い込むため逆に必要ですが、カードを毎回使う必要がなく、ただなんとなくステータスのために持つというのであれば、年会費が低めのカードを選ぶか、ランクを下げるか、あるいはランクなど一切ない年会費永年無料のカードをチョイスした方が良いかもしれません。
他の部分でお得とはいっても、1万円以上の高額な年会費を払う必要があるのかどうか、まずはよく検討してみましょう。

このページの先頭へ