家計簿の変わり

クレジットカードのマイルで旅行とはどのような事が出来るの?

クレジットカードのマイルを貯めていくと、航空会社の定めた一定基準にマイルが達した時、往復航空券として引き換えることができます。
必要になるマイルはANA、JALともに10000ポイントが基準となっており、ANAはシーズンごとに必要マイルが変動し、JALは区間ごとに必要となるマイルが変化します。
マイルは飛行機に搭乗するほかに、ショッピングやクレジットカードの利用で貯めることもできますし、家族間でマイルを合算するなどの裏技もありますから、10000ポイントに到達することはさほど難しくはありません。

ANAのマイルでは、航空券の他にツアーを丸ごとマイルで購入することもできます。
所持しているポイントが10万ポイント以上になったら、現金と併用もしくはポイントの一括払いでツアーを予約してしまえます。
普段からコツコツと貯めている方のなかには、貯まり過ぎてしまって使いどころが分からない方もいるかもしれませんが、数日間の休みの間に思い切ってツアーに参加してしまう、という面白い使い方もできます。

マイルのその他の使い方として、ホテルの宿泊費にあてるという使い方や、ホテルでのお食事券、タクシー・ハイヤー送迎クーポンなどに使うこともできます。
旅行中は移動だけでなく色々な部分にお金がかかりますから、マイルをお金の代わりとして利用すれば遊んだり食べたりする部分にお金をかけられますね。
ANAやJALのマイルは、専用のクレジットカードからマイルを貯め、そこから支払いをすることができます。

JCBやVISAなど大手のカード会社と提携しているので、海外旅行時にはもちろん、国内の旅行でもクレジットカード一枚で色々なサービスが受けられます。
貯めたマイルは、使い方によっては商品と引き換えにできたり、さまざまなサービスへの交換も可能です。
クレジットカードを探しているがいろいろな種類が登場していてよく分からない…という方は、マイルを使って自由に旅行が楽しめる航空系のカードを選んでみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ