家計簿の変わり

クレジットカードでキャッシングも可能なのはどうして?

クレジットカードはショッピングに欠かせない便利なアイテムとして世界中で使われています。
最近ではショッピング以外にもさまざまな用途に利用されていますが、せっかく自分だけの一枚を選ぶのですから、カードの持つ機能をフルに活用したいところ。
クレジットカードが持つ機能の一つには、「キャッシング」があります。

キャッシングとは金融機関からお金を借りることですが、クレジットカードの場合ATMからお金を引き出して、一括払いや分割払いにして返します。
キャッシングには限度額というものが設定されており、限度額以上を借り受けることはできません。
やり繰りがどうしても厳しかったり、急な出費が必要になった時などはキャッシング機能が非常に便利です。

どれだけ限度額を設定できるかというのは、各カード会社の設定する金額にもよりますが、カードのランクによっても範囲が異なりますので、まずはどれだけ借りられるか確認してみると良いでしょう。
クレジットカードでキャッシングをする際は、通所のキャッシングと同じくリスクがついて回ることに注意が必要です。
キャッシングには利息がありますので、利息をつけて返済をしなければなりません。

分割払いにする際は利息分もしっかり計算してから借り受ける必要がありますが、もしも返済が期日通りにできない場合は延滞料の発生や督促などがありますし、会社からの信用度が下げられてしまいます。
滞納履歴は数年間の間残ってしまうので、将来的に住宅ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れないなどの問題も発生してきますので、借りたらできるだけ早く返すように早いうちから目途を立てておきましょう。
まずは一度に大きな金額を借りることはせず、返済の目途が簡単に立てられるよう、少額から始めてみるのが正解です。
また、返し終わる前に次の借り入れを行うことも遅延に繋がるおそれがあるので、きちんと返し終わってから次の借り入れを行う方が無難です。

このページの先頭へ