家計簿の変わり

クレジットカードの階級とはどのような物がありますか?

クレジットカードを知るうえで欠かせないものといえば「グレード」と呼ばれる階級制度。
クレジットカードには、所有者の収入やカードのサービス、ステータス性などにあわせてランクが設けられており、子供から大人まで知っているゴールドカードをはじめ、最近ではさらに上のカードや、逆に誰でも所有できる一般カードなども注目を集めています。
それでは、階級ごとに簡単に特徴を紹介してみたいと思います。

年会費無料カード
まずは、多くの人が手にしている「年会費無料」をメリットとしたクレジットカードがあります。
年会費が0円であり、さらに利用金額に合わせてポイントを貯められるなど、クレジットカードとしては基本的な機能を持っています。
アルバイトやパートの方でも年会費無料カードなら審査が通りやすいと言われています。

・シルバーカード
クレジットカード会社によってはシルバーの階級を導入していないところもありますが、年会費千円~数千円程度程度のカードです。
海外旅行保険などの付帯保険が付けられたり、公共施設への入場が無料になるなどの面白いサービスが受けられます。

・ゴールドカード
ゴールドの名のとおり、カード本体がゴールドの色をしているものがほとんどで、簡単に手が出せない高級カードとしても高い知名度を誇っているカードです。
海外旅行保険などの付帯保険が付いていたり、ラウンジの利用が無料だったりと、サービスが充実しているものもたくさん登場しています。
近年ではカード作成条件が引き下げられ、20代の中流層でも作成が可能になっているということです。

・プラチナカード
ゴールドよりもさらに上の、年会費が数万円~10万円というかなり高額なカードです。
付帯保険が充実しているほか、コンシェルジュサービスや無料送迎など、セレブリティのようなサービスが充実しているカードです。

・ブラックカード
現在、カードのランクのなかでも特に作成が難しいとされているランクが「ブラック」です。
付帯保険はもちろん充実。
コンシェルジュデスクやグルメ、ホテル、ゴルフサービスなどが充実。
カード会社からの招待が必須で、高収入がある方の中からさらに選りすぐって選ばれた人だけが作れるとされています。

このページの先頭へ