家計簿の変わり

カードの暗証番号を忘れてしまったらどのように対処したらいいですか?

電子マネーやICカードなど、あらゆる機能を付加して自分だけの一枚にカスタマイズもできるクレジットカード。
自分だけの一枚が出来上がったら後は使うだけですが、大切な暗証番号を忘れてしまった時はどうすれば良いでしょうか?今回は、クレジットカードの暗証番号を忘れた場合の対処法について考えてみたいと思います。

・カード会社に連絡を
まずはカード会社に連絡を行います。
番号を忘れたという旨を伝えれば、登録されている住所に書面にて通知がなされます。
カード会社に電話をしても、口頭で伝えてもらうことはできませんので注意が必要です。
ちなみに、書面での通知を送る際もカードの登録情報を必ず聞かれますので、住所や名前、電話番号などは正確に伝えなければなりません。
暗証番号忘れで一般的な方法は、カード会社に本人が電話し、郵送で番号を通知してもらう流れが一般的です。
ただし、暗証番号変更用の書面が通知され、本人が番号の変更を行うという方法もとられています。
最近ではインターネット上で本人確認を行って暗証番号を変更できるカード会社もありますし、番号が分からない場合カード自体が再発行されるケースもあります。
会社によってやり方は異なりますので注意が必要です。

・家族や配偶者の暗証番号を聞く場合
入院中や長期で出張に出ている場合など、いろいろな事情でカードの所有者本人が暗証番号を確かめられない場合もあります。
そんな時は家族や配偶者が代理人となって電話をかけるしかないのですが、基本的に暗証番号の請求は本人のみにしか行うことができません。
カードの所有者が死亡した場合などは代理人が電話連絡を入れ、必ず本人が死亡したことを伝えてから、暗証番号変更やカード情報の消去などを行って貰うようにしましょう。
暗証番号は非常に重要なデータですので、簡単に教えて貰うことはできません。
必要な時に忘れてしまった!とならないよう、普段から番号の管理は徹底しておきたいところです。

このページの先頭へ