家計簿の変わり

クレジットカードの不正使用の対応はどのように対処したらいいですか?

クレジットカードは、所有者が管理を怠ると不正に第三者に悪用される場合があります。
たびたびニュースでも取り上げられるテーマですが、どこかのショッピングサイトから個人情報とクレジットカード番号が流出してしまったり、あるいはATMに仕掛けられたスキミング装置によって番号を読み取られることもあります。
クレジットカードの管理というと所有者だけが問題になりやすいのですが、流出に関しては自分の管理の届かないところで起こるトラブルですから、所有者自身が厳重に管理していても番号が知られてしまう危険性があります。

そこで、もしも不正に利用があった場合の対処を考えてみたいと思います。
不正利用が起きたと分かった場合は、できるだけすぐにクレジットカード会社に連絡をしましょう。
もしもカードを誰かに盗られたり奪われた場合は警察にも連絡します。

そして、自分の知らない場所で不正利用があったということを伝え、カードを止めて貰いましょう。
そうすれば他者の手にカードが渡ってしまっても、さらなる悪用を防ぐことができます。
不正利用された金額は、クレジットカードの紛失・盗難保険の適用によってある程度補償がなされます。

ただし、保険に一切加入していなかったり、カード所有者に紛失・盗難についての過失がある場合は補填はされませんので注意が必要です。
所有者自身が普段から対策を講じておくことで不正利用を防ぐこともできます。
通販でクレジットカードを利用する場合、確実に安全だといえるところはどこにもないと考えておきましょう。

また、クレジットカード情報を打ちこむショッピングサイトも複数に絞っておき、できるだけクレジットカードの情報を打ちこまないようにしましょう。
家や外出先で利用するパソコンも、個人情報を抜き取ったり読み取ったりされないよう、普段からウイルス対策をしっかり行い、信頼できないようなサイトを訪れないようにしましょう。
大手サイトであっても情報流出をさせるケースが増えているため、100%信頼できるショッピングサイトは無いと考えて、慎重なカード利用をおすすめします。

このページの先頭へ