家計簿の変わり

クレジットカードの紛失、盗難保険とはどのような物がありますか?

クレジットカードは海外、国内とあらゆる場所で使えるとても便利なもの。
ですが便利なぶん、紛失や盗難の危険についても意識するようにしたいものです。
クレジットカードの紛失、盗難保険というのは、紛失および盗難の後で「不正使用」が行われた場合、受けた損害を補填するための保険です。

クレジットカードの多くにはこの紛失、盗難保険が付属していますが、必要に応じて自分で保険をつけるタイプのクレジットカードも登場していますので、海外旅行の時は忘れず保険をつけるようにしましょう。
また、この保険にかかる料金については、ゴールド以上のランクのカードなら年会費から自動的に捻出されますが、そうでない場合はカードの所有者が一定金額を支払うこともあります。
もしも紛失や盗難に遭い、さらに不正利用があった場合は「損害」が発生します。

ここでもし完全な第三者によって不正利用されたと分かれば、被害を受けたカード所有者には一定金額までの保険適用がなされます。
大体100万円~500万円程度の補填がされますが、各社によって金額や細かな規定が異なるため、クレジットカードを申し込む際はかならず保険の補償内容についても確認が必要です。
なお、盗難・紛失時に保険を適用してもらうには警察とカード会社の両方に届け出を行わなければなりません。

また、いつどこでどのようにして紛失・盗難があったかを詳細に伝え、第三者による悪用があった場合はその件についても説明を行い、証明を受けなければいけません。
ここで重要なことは、カードの保管状況がずさんだったり、カード所有者に何らかの過失があった場合は保険適用外とされる可能性があるということです。
具体的には、他人に利用されやすい場所にカードを放置していたり、カード裏面にサインを記入するのを忘れている、また年会費の未払いがある場合も適用外となります。
いざという時に補償が受けられないということのないよう、保険に加入する前は必ず例外的な規則についても確認するようにしましょう。

このページの先頭へ