家計簿の変わり

クレジットカードは誰でも作成できるのはどうして?

よく、クレジットカードは誰でも作れるの?という質問を目にすることがあります。
事実、クレジットカードは18歳以上なら誰でも気軽に作ることができますが、必ず誰もがカードを手にできるというわけではありません。
クレジットカードは18歳以上の大学生から作成することができます。

銀行が発行しているカードについては、審査が厳しいという声もありますが、学生は安定的な収入と住所のある社会人ではないため、審査に通りにくい可能性があるので注意が必要です。
また、社会人でも「固定収入」「住所」「過去の履歴」をチェックされますので、どれか一つでも欠けていれば信用に至らず審査NGとされてしまうケースも多いです。
アルバイトやフリーター、派遣社員などは雇用状況が不安定であるため、支払いや返済が滞る可能性があると考えられています。

住所や過去の履歴についても、住所不定ではないかどうか、今まできちんと返済を果たしてきたかどうかという人物像を見ますので、誰もが必ず通るというわけではありません。
クレジットカードが作れなかった場合は、多少システムが異なりますが、「デビットカード」というカードがあります。
こちらは誰でも作ることができるカードで、カード会社が支払い分を一時的に立て替えて後から引き落としを行うというシステムです。
口座にない分の金額は買い物ができないので、クレジットカードの審査に落ちてしまってもこのカードがあれば買い物は問題なく行えます。

ちなみに、クレジットカードの年齢制限については大まかな上限が決められていることをご存知でしょうか。
はっきりと明記されてはいませんが、70歳くらいまでが限度であると考えられています。
基本的に年金を受給している方でもカードを作ることはできますが、支払い能力や健康状態などを鑑みると70歳程度が限界と考えられているようです。
70歳を超えている方については、まずは金融機関にカード発行が可能かどうか相談してみると良いでしょう。

このページの先頭へ