家計簿の変わり

アルバイトでもクレジットカードを作る事ができるのはどうして?

クレジットカードを作ろうとすると、「アルバイトやフリーターはクレジットカードを作れない」という話を頻繁に耳にすることがあります。
実際、アルバイトやフリーターの方がクレジットカードを作る際は審査が通りにくく、海外旅行などに支障が出たという話も聞かれるほどです。
一見とても不平等に思えるのですが、実際アルバイトやパートはクレジットカードを所有するにふさわしい「安定収入」が見込みにくく、人によっては支払いが滞る可能性があるため、各クレジットカード会社も審査に慎重な姿勢を取っています。

また、クレジットカードは「銀行系」「消費者金融系」「流通系」などというように、発行元の企業によってそれぞれ分類することができます。
中でも特に審査が厳しいと言われているのが「銀行系」で、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など大手の銀行が主なものとなります。
銀行は特に顧客に対して慎重で、銀行取引におけるさまざまなリスク回避のため、クレジットカードの申し込みについても「信用できるかどうか」を第一に考えています。

そのため、いつでも仕事を辞められるアルバイトやフリーターの方は避けられる傾向にあります。
しかしカード会社によっては、アルバイトやフリーターでも比較的楽に審査が通る場合があります。
銀行系以外の消費者金融系、流通系のクレジットカード会社は敷居を低めに設定しているため、正社員ではなく派遣社員や契約社員であってもOKというところが多いです。

消費者金融系の企業は「アコム」が代表的ですし、流通系の企業は「イオン」「楽天」などが主な企業となります。
特にイオンカードは審査時に職場への連絡が行われないとも言われており、どこへ申し込んでも駄目だった方は一度試してみても良さそうです。
また、クレジットカード以外に「デビットカード」を申し込む方法もあります。
これはクレジットカードとは違い、銀行口座から即時で支払いが行われる仕組みになっています。
口座にお金があればいくらでも買い物ができるので、最終的な方法としてデビットカードを利用することも検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ