家計簿の変わり

クレジットカードは安全面は保障されているの?

インターネット上、特にショッピングサイトでクレジットカードを使う場合は、誰もが「カード番号の流出」を気にされるのではないかと思います。
最近ではオンラインバンキング上にスキミングのページが挟み込まれており、そこからカード情報が流出してしまったという恐ろしい事件もありました。
脅威だらけのようにも感じられますが、クレジットカードの安全面というのは本当に保証されているのでしょうか?

実際、クレジットカードの安全性は100%とは言い切れない部分があります。
安全面については日々対策が講じられていますが、やはりネットショッピングにおける脅威がもっとも大きなものではないでしょうか。
既にMasterCardはオンライン上で決済を行う際、専用のコードを入力してセキュリティを強化させるプログラム「MasterCard SecureCode」を開発、VISAも独自の「VISA認証サービス」を適用するなどしており、カード会社がそれぞれ独自にプロテクトをかけているケースが目立ちます。

また、クレジットカードそのものではありませんが、カードを利用するショッピングサイト側でも独自のセキュリティを持っています。
「SSL」「SET」などという言葉を目にしたことがある方もいるかと思いますが、これらはネット上でクレジットカード情報を発信する際、第三者による情報の盗み取りがないように通信自体を「暗号化」する技術です。
これによって第三者は暗号化され、意味が分からなくなった情報しか得られなくなるため、クレジットカードの情報を盗んでも意味がなくなります。
SSLを適用しているショッピングサイトは以前にもまして増えてきていますが、ユーザー側も暗証番号を定期的に変更したり、2枚以上のカードすべてに同じ暗証番号を使い回したりしないよう、個人情報の管理は徹底しておきましょう。
また、カードの番号を誰でも分かるものにしたり、自分以外の人に伝えたりしないよう、細かい部分にも注意を払うようにしましょう。

このページの先頭へ